読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄のないあがき

男子大学生がジタバタしています。

長らくカンチョーしてない人、この指とまれ

f:id:poltadayo:20170111110142p:plain

 

『カンチョーとは、日本の子供が行う悪戯。両手の人差し指を伸ばした状態で他の指を組み、相手に気付かれない様に這いよって、お尻の穴にその人差し指を突き差す遊び。』(wikipediaより)

 

 

子供の頃は気軽に出来たのに、大人になってからは出来なくなることはたくさんある。

 

カンチョーもその一つだ。

 

 

 

かく言う私も長らく人にカンチョーをしていない。

 

 

皆さんはどうだろうか?

このブログを読んでいるあなたも長らくカンチョーをしていないに違いない。

 

 

 

「いや、私は最近もしている」という人は自らの堕落した生活を省みた方がいい。

 

 

 

 

それはそうだ。

 

 

なぜなら大人がカンチョーをしたら、最悪の場合捕まるからだ。

韓国では見知らぬ主婦を知人と勘違いし、カンチョーを行った会社員が逮捕される事件が過去にあった。事件そのものも面白いが、カンチョーを行った会社員というフレーズがもう面白い。

 

 

なぜ男はカンチョーをしてしまったのか。そこに性的な動機はなかったのだとは思う。

ただただ、カンチョーがしたかっただけなのだ。

彼にとって人間関係を円滑化させるためのコミュニケーションの一種であったのだ。

 

 

でもいつからかそのコミュニケーションが許されなくなってしまう時を誰もが迎える。銭湯で女湯に入れなくなった時から「私は18歳overです」のボタンを後ろめたくクリックするようになるまでの間に、人類皆平等にその時が訪れる。

 

 

カンチョーは若さの特権なのだ。

 

 

悔しい。何か方法はないのか。

はやる気持ちをおさえて六法全書を1ページずつゆっくりと読み込んだ。

 

無理だ。

 

 

法の目をかいくぐってカンチョーをすることは、どんな知能犯でも不可能だ。

 

グレーゾーンのカンチョーなんてこの世には存在しない。

 

 

じゃあカンチョーがしたくなったらどうすればいいのか?

 

 

私はそんな人たちのためにカンチョーの遊園地を作りたい。

全てのアトラクションがカンチョーで動くのだ。

 

 

・カンチョージェットコースター

その名の通り、カンチョーすればするほど加速する。達人レベルに達すれば、富士急のドドンパを超えるスピードを記録することも可能だ。

 

・カンチョー観覧車

その名の通り、カンチョーすればするほど速く頂上に到達する。早いとこ頂上でキスをしたいカップルなんかにおすすめだ。

 

・カンチョーメリーゴーランド

馬にカンチョー、即加速。動物愛護団体からクレームが来たら即撤去。

 

・カンチョーフリーフォール

自分の好きなタイミングでカンチョーすると勝手に落下する。怖いから落下したくないけど、でもカンチョーしたい!というしょうもないジレンマも楽しむことが出来る。

 

 

そう、ここはカンチョーの国。

夢のテーマパーク。

 

でも決してスタッフにカンチョーしてはいけない。

スタッフは生身の人間だからだ。

つい先程私がサラッと放った名言を、もう一度思い出してほしい。

 

 

 

 

「グレーゾーンのカンチョーなんてこの世には存在しない。」

 

 

 

 

ちなみにゲートの入退場もバーコードスキャンとかじゃなくてカンチョーで行います。

 

 

 

 

早く卒論を書こう。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村クリックしてね。