読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄のないあがき

男子大学生がジタバタしています。

アクエリアスと大いなる脱線

f:id:poltadayo:20170218013214p:plain

 

最近、水筒で飲物を飲んでいる人を見て何が入っているのかを当てるという遊びをしている。水筒は大概、保湿に優れたステンレス製で中身が見えないことが多く、人が何を飲んでいるのかは外からは全く分からないので、推理のしがいがある。

 

判断の材料はその人の年齢、顔、飲んだ後の表情、etc。

これが意外と難しい。

 

 

 

例えば、公園で遊び疲れて喉が渇き水筒を飲んでいる小学生なんかは基本問題である。

 

 

間違いなく普通、中身は水かお茶である。

というのも子供の健康をしっかりと考えている親なら、水かお茶をいれると私は考えているからだ。いくら子供が炭酸ジュースが好きでも、コーラを入れるのはあまりにも子供の健康に気を使っていないし、ボディビルダーになって欲しいという親の熱いパッションでプロテインを入れるのは時期尚早すぎる。

 

しかし、たまにではあるが、変化球でアクエリアスを入れてくる親がいる。

 

ただこれには、見破る方法がある。アクエリアスの粉を所持しているということは、普段から運動時のために常用しているわけで、間違いなくその子供は地元の少年サッカー団か野球クラブに入っている。日常的に運動しているということは、かなり運動能力が鍛えられている可能性が高い。つまり、水筒を飲んでいる子供の動きが他の子供よりもキレキレならアクエリアス、さしてキレキレじゃなければ水かお茶なのだ。

 

「何だ、簡単な話じゃないか」という結論に至るのはまだ早い。その子供がキレキレの動きをしていた場合、私はなぜその子が数多あるスポーツドリンクの中からアクエリアスを常飲することを選んだのかというプロセスについて思いを馳せる。

 

 

 

恐らく最初はサッカー少年団の仲間たちがみんなアクエリアスを飲んでいるのを見て、お茶や水ばかりを飲んでいたシゲユキはお母さんにこう言ったんだろう。

 

「お母さん、僕もアクエリアスが飲みたい。」

 

 

シゲユキの母は優しい。シゲユキの「みんな持ってるから買って!」にいつも全力で応えてきた母はすぐにスーパーでアクエリアスの粉をまとめ買いしてくる。

 

 

「シゲユキ、アクエリアスつくったわよ!!」

 

 

こうして、晴れてアクエリアス常飲組の仲間入りを果たしたシゲユキは球を蹴ってはアクエリアスを飲み、アクエリアスを飲んでは球を蹴るを繰り返した。サッカー少年団の練習に留まらず、学校終わりに外で遊ぶ時もアクエリアスを持っていった。

 

しかし、アクエリアスを常飲していると人類誰もが陥る倦怠期に、シゲユキもさしかかる。「アクエリアス飽きたな、、」そう思ってしまったら最後、アクエリアスから心が段々と離れていく。

 

悪魔は囁く。「ポカリスエットVAAMはどうだい。」

 

シゲユキはついに浮気をしてしまう。あんなにも愛していたアクエリアスを捨て、ポカリスエットVAAMに浮気する。それでも満足しないのか、無名ブランドのスポーツドリンクに手を出してしまう日もあった。サッカー少年団の仲間たちがアクエリアスを飲み続ける中、皆と異なるスポドリを飲んでいるという優越感もあったのかもしれない。

 

「今日は何飲んでんのシゲユキ?」

 

シゲユキは昂る気持ちを抑えて冷静を装い、すました顔で答える。

 

「ん、クラシエのスカイウォーターだけど。」

 

仲間の少年たちがザワつく。「シゲユキ!俺にも飲ませて!!」

シゲユキはいつしか、毎回新しいスポドリ持ってくることで皆の人気者になれる快感を覚えてしまった。

 

一方で、シゲユキの母は来る日も来る日も可愛い息子のためを思って、近所のスーパーを走り回っていた。時には慣れないインターネットを使い、amazonで海外のスポーツドリンクの粉末を大量に注文した。amazonのおすすめ商品の欄にはやがて世界中のスポーツドリンクばかりが並ぶようになった。

 

 

しかし、シゲユキの栄光のスポドリ人生は長くは続かない。子供たちの熱しやすく冷めやすいという性質は今も昔も変わらない。シゲユキがアクエリアスに飽きてしまったのと同じように、少年団の仲間たちはシゲユキの持ってくるスポドリに注目することに飽き、興味を失くしてしまったのだ。

 

この世に存在するスポーツドリンクの数なんてたかがしれている。

ネタ切れで再び持ってきたクラシエのスカイウォーターを、見栄を張って「アマゾネス・ザ・ミネラルである」とこの世に存在しないスポドリの名を答えて偽ったことを、舌に自信のある仲間に見破られたのが運の尽きだった。

 

「これ、、スカイウォーターだよね、シゲユキ、、、」

 

 

シゲユキは泣いた。母に八つ当たりもした。

「お母さんが新しいスポドリを見つけてこないから!」

 

シゲユキの母はその度に自分を責めた。新しいスポドリを見つけられなかった私が悪い。私のせいだ、また新たなスポドリを探さなくては。憔悴しきった気分でamazonを見ていたある日のこと、わけの分からない国のスポドリばかりが並ぶおすすめ商品の欄に、見覚えのある商品が居心地悪そうにポツンと並んでいた。アクエリアスだ。

 

シゲユキの母はふと思った。

一度、原点に戻ってみよう。

 

「昔に戻ろうシゲユキ。」

 

嫌がるシゲユキのランドセルに、毎日水筒につめたアクエリアスを強引に入れた。

帰宅後に台所に置かれる水筒の中身は、初めは1ミリも減っていなかった。しかし、月日が経つにつれて少しまた少しと、ゆっくりではあるが確実に量が減っていき、やがて空っぽの水筒が台所に置かれるようになった。

 

シゲユキは思い出したのだ。アクエリアスがスポーツドリンクの素晴らしさを教えてくれたことを。アクエリアスを飲んで、球を追いかけていたあの日々を。シゲアキの空っぽの水筒は心なしか堂々とした姿で台所に立っていた。

 

学校から帰ってくると部屋に引きこもりがちだったシゲユキは、昔のようにアクエリアスを持って外に遊びにいくようになった。

 

 

「お母さん、ごめん、僕間違ってたよ。やっぱり僕はアクエリアスが大好きだ。」

 

 

シゲユキの心はアクエリアスに戻った。

 

今日もシゲユキはアクエリアスを飲んで、グラウンドを駆け回る。

 

就活を制す者は必ずや自信に満ち溢れている。

f:id:poltadayo:20170215205554p:plain

 

 

就活解禁まで残り1か月を切っているということで、曲がりなりにも去年就職活動を終えた私が先輩風をビュンビュン吹かせながら面接の攻略法を伝授したい。また、就活生に限らず就活に全く関係のない人も、「お、たまには役に立つ文章も書くんですね」と興味本位で読んで頂きたいと思っている。

 

 

 

面接において最も評価されるのは”異常なほどに自信に満ち溢れている”ことであると私は考えている。どんなに平凡なことを言っていたとしても、自身満々なポーズで話すことで面接官は「コイツは大したことをいっているわけではないのになんでこんなに自信満々なんだ・・・」となる。深く考える面接官であればあるほど、「その自信に裏付けされた能力があるのではないか・・・」と勝手に勘違いしてくれるのではないだろうか。

 

実際にこのことを踏まえて、脳内シュミレーションしてみよう。

 

 

 

 

まず、服装はグレーのTシャツに適当なチノパンを合わせていこう。恐らく面接詳細が記載されたメールには「スーツでお越し下さい」などと書いてあるが無視していい。異常な自信はルールをも凌駕する。

 

 

恐らく正常な面接官であれば「あの、、、スーツでお越しくださいと言いましたよね??」と言うはずだ。そうしたら自信満々にこう言ってやればよい。

 

 

 

「ワイシャツにアイロンをかけて、着ていくスーツを選ぶ、そのような時間がもったいないと思いました。私はいつもグレーのTシャツしか着ていません。服を選ぶといった小さな決断にかける時間が無駄だからです。仕事が出来る人はタイムマネジメントが上手い、ビジネスマンの基本です。」

 

 

 

ちなみに面接に15分遅刻してきている。「遅刻しているのにタイムマネジメントがなんとかとか言っている・・・!!なんだその漲る自信は・・・!!!」となるはずである。

 

 

余裕があれば「FacebookCEOのマーク・ザッカーバーグも同等の理由で毎日同じTシャツを着るようですが、私の二番煎じに過ぎません。」とまで言えれば面接官はぐうの音も出ない。

 

 

 

次に、室内にある自分が座るであろう椅子を自信満々に褒めちぎればよい。

 

 

 

「おや、、これは素晴らしい椅子ですね。かなりいい素材を使っています・・・・数多くの椅子を見てきた私から言わせて頂くと恐らくこれはメイドインイタリィの椅子ですね・・・。それとなく地中海の香りがします・・・。」

 

 

ソムリエの前でワイン通ぶる金髪の西洋人になりきったつもりで褒めちぎる。実際は、ニトリで買った安物のパイプ椅子なのだが、無論そんなことまで面接官は知らない。「なに・・・??数々の椅子を見てきた・・・何者だ??面接に遅れて来た上に、グレーのTシャツで、椅子の原産地について言及するこの男、、、その溢れる自信はどこから来ている??」と思わせるだけのジャブが打てれば、まずは快調な出だしだと言えるだろう。地中海の香りが、、のくだりで故郷のイタリィを思い出すような表情が出来ればなお良い。

 

 

この時点で面接官はかなりあなたという稀有な人物に引き込まれている。このまま面接にスムーズに入ればあなたの勝利は間違いない。

 

 

 

「では早速ですが、大学時代に頑張ったことについてお聞かせください。」

 

 

 

典型的な質問だ。しかし、セオリーにセオリーで対抗してしまうのは愚の骨頂だ。数多いる就活生の中であなたという存在が埋もれてしまうことになる。セオリーには型破りな方法で立ち向かうのが、面接官の記憶に残り、面接を勝ち抜くポイントとなる。もちろん、自信満々に振る舞うことを忘れてはならない。

 

 

「私には”頑張る”という概念がありません。そもそも”頑張る”というのはある物事に対して能力が足りない者が背伸びをするという意味です。私のように頭脳明晰で無尽蔵の体力を持ち、何でも卒なくこなしてしまう人間はいい意味で頑張ったことがないのです。そんな私が頑張ったことを強いてあげるとするならば、山崎パンのひたすらバナナをむいてパンに乗せるバイトですね。半日で辞めました。」

 

 

自らが余りにも卓越した能力の持ち主であるが故に頑張ったことがないという悩める天才をアピールすると同時に、カスみたいな山崎パンのエピソードを添えることで自らの卓越した能力に見合わない仕事を振ってきたらすぐに辞めるぞ、という自信に裏付けされた無言の圧力を加える。面接官は「頑張ったことがないだと、、なんて男だ、、、こいつを敵に回したら大変なことになる、、」と考えるはずだ。この際、決して半日で逃げ出すほど忍耐力がないと誤解されないよう、終始ドヤ顔をキープすることに注意だ。

 

 

ここまで言えたら、もう受かったも当然だ。

「何か最後に言いたいことがあればどうぞ。」と面接官は言う。

 

 

ワイン片手に冒頭で褒めた椅子を撫でながらこう締める。

 

 

 

 

 

 

「私という貴重な椅子を巡って、現在日本中の各社が熾烈な椅子取りゲームをしています。しかし、非常に心苦しいことに椅子は1つしかご用意していません。御社からの迅速なご連絡、お待ちしています。」

 

 

 

 

ここまで完璧に出来ればグレーのTシャツに緊張の脇汗で巨大なシミが出来て、面接に完璧に落ちます。

 

 

もはや狂気の域に達するキレ方をしていたおっさんの話

f:id:poltadayo:20170207203201p:plain

 

 

これは、電車の人身事故等による運転見合わせは、時に人々を狂気に駆り立てるという話だ。

 

特に朝の時間帯におきる運転見合わせは、早く会社に行かなければならない多くの社会人にとって迷惑そのものである。例えば大事な会議があったり、他社との重要な商談があったり、一刻も早く電車が動いて欲しくてイライラしている社会人をよく見る。

 

 

 

思えば中学高校生時代なんかは不謹慎ながらも、

 

「よっしゃ!!!電車止まった!!!学校休みカモン!!」

 

というように予期せぬ休校を願い、ガラケーで友達とメールの一斉送信をしていたものだが、「電車止まっても会社に行かなければならないなんて可哀想」などと電車が止まっても会社に行って下さる社会人のおかげでこの世が成り立っていて、いずれ自分もその一員になる運命にあることを考えもしなかった当時の私は発光ダイオード並に青かったし、2ヶ月後にいよいよ現実になると想像するとアバター並に青ざめる。

 

話は戻るが、電車の中に閉じ込められてイライラした社会人はたまに窓から出ようとする。そのようなニュースを一年に一回の周期で見る。彼らは皆、口を揃えてこう言う。

 

「早く会社に行きたかった。」

 

 

実際私だって、出席しないと自分の人生が終わる会議がある日に電車が止まろうものなら、奇行に走るかもしれない。

 

 

しかし、かつて私が目撃したとあるおっさんの奇行はとても理解できないものであった。

 

当時、京浜東北線が止まったことにブチギレて駅員さんに何か罵詈雑言を浴びせていたおっさんを目撃した私は、野次馬根性でおっさんに近づいていった。「どうせさっさと電車を動かせとか言ってんだろうな、可哀想に」と思っている野次馬青二才こと私の顔面は発光ダイオードで青く光っている。

 

 

しかし、よくよくおっさんの主張が鮮明に聞こえてくると私は己の耳を疑った。

 

 

おっさん「おい!急いでんだぞ!どうしてくれんだよ!こういう時のための究極の物をだせよ!究極の物だよ究極の物!は?じゃねえよ、出し惜しみしてんじゃねえよ!一刻も早く究極の物を出せー!」

 

 

狂気の域に達している。それを狂気と言わずして何と形容したらよいのか。

奇行のレジェンドofレジェンドである。ノーベル奇行賞があるなら受賞日をフライングして渡したい。

 

 

怖くなった私はその場から逃走してしまったので、おっさんにとって究極の物が何だったのかは未だに謎である。一瞬まで会社まで運んでくれる近未来の乗り物だったのか、それとも時間を止めておっさんだけ軽やかに動くことができる近未来の薬だったのか分からないが、とにかくおっさんは究極の物を欲しがっていた。果たして究極の物ってなんだったんだろうか。

 

 

 

もちろん駅員さんは、「おおぉ、究極の物ですか。ついにこれを使う日が来ましたねえ…」なんて言うこともなくただただ困惑していたっていうそういう話です。