無駄のないあがき

男子大学生がジタバタしています。

捺印で圧倒的偉さを表現してみる

テイテイ岡安です、こんにちは。

 

f:id:poltadayo:20170930224524p:plain

 

社会人になってからちょうど半年が経った。

 

 

学生の頃と何が変わったかと聞かれると、

一言では言い表せない。

 

32℃~34℃のぬるま湯であった学生生活から急に社会に放り出されたことで、

ポンコツ学生であった私ですら、自分の身に

”人間的成長”という名の圧倒的変化が起きた。

 

 

例えば、

 

 

特に何も用がないのにトイレの個室に籠ることが多くなったり、

 

特に何も成し遂げていないのにデスクで「よっしゃ」と呟くようになったり、

 

特に何もミスしていないのに、というかミスが起こるような大層な仕事もしていないのに、「あ~やべぇわ・・・」と小声で発し、困難に直面している自分を演出してみたり、

 

 

数え切れぬほどの変化を列挙することが出来るが、

その中でも最も大きな変化は、「やたらと捺印する機会が増えた」ことであると私は声を大にして言いたい。

 

交通費の清算や申請書など、何を提出するのにも捺印しなければならない。その提出物を受け取る上司なんか、部下の提出する書類に自分の承認の捺印を押さなきゃいけないから、偉くなればなるほど捺印する回数が増える。

 

余談ではあるが、偉くなればなるほど捺印する回数が増えるとは言っても、捺印をすればするほど偉くなるわけではない。提出書類に自分の捺印を5,6個押して提出しても、「1個でいいから。」と突き返される運命にあるのだ。こういったところにも社会の理不尽さを感じ取ることができる。

 

捺印にまつわる理不尽さといえばこれにとどまらない。

流石に私の会社では全くないが、銀行などでは偉い人にお辞儀をするように左に傾けて捺印しなければならないらしい。

 

どういうことかというと、下図を見てもらえればわかる。

ちなみに岡安が偉くて、薬師丸が偉くない。

 

f:id:poltadayo:20170930224412p:plain

実にアホらしい。このような無意味な慣習が驚くべきことに確かに日本に存在しているのだ。

 

 

どうせ無意味ならこんな中途半端ではなくて、もっとぶっ飛んでいた方が面白い。

 

例えば、こうだ。

 

f:id:poltadayo:20170930233103p:plain

 

五老海や勅使河原、御手洗がまるで私のために椅子になっているように見える。もちろん椅子に鎮座している私が一番偉いし、御手洗や勅使河原たちの体重が容赦なくかかってくる、足役の剛力が一番偉くない。社内ヒエラルキーを一目で把握することができる。

 

 

次はこれだ。

 

f:id:poltadayo:20170930234308p:plain

 

少し分かりにくいかもしれないが、御手洗や勅使河原をドミノ代わりにして私が遊んでいる光景に見えなくもない。

もちろん、ここでも人間ドミノ倒しで遊んでいる私が最も偉い。

最後の五老海は最終的に地面に叩きつけられる。

 

上の命令には絶対逆らえないのだ。

 

 

 

最後はこれだ。

 

 

f:id:poltadayo:20171001000351p:plain

 

まるで、タワー・〇ブ・テラーにかれこれ3時間以上並んでいる御手洗や勅使河原を横目に、ファストパスで駆け抜ける岡安こと私が躍動している姿を表しているように見える。

もちろん私が断トツで偉い。

 

一目で、私の圧倒的立場を一瞬にして理解することができる。

偉い人間は常にVIP待遇であるべきなのだ。

 

 

 

 

ちなみに、御手洗と五老海、薬師丸と剛力、東海林と垣ヶ内、猪狩と勅使河原はカップルで、私はシングルライダーです。

 

 

就活が解禁されたので、グループディスカッションの極意を授けたい。


f:id:poltadayo:20170301101133j:image

 

就職活動がついに解禁された。

もう自分の時から1年が経ったと考えると、時の流れの早さに驚く。

 

前回就職活動における面接の攻略法について書いたコチラの記事であるが、

 

poltadayo.hatenablog.com

 

普段は無益な文章しか書かない私が非常にタメになる記事を書いたということで、いつも意味のない時間を過ごせることを期待して読んで頂いている読者の方々を驚かしてしまった。この場を借りてお詫びしたいと思う。すいません。

 

実は今回も就職活動に関するとても真面目ですこぶる有益な記事を書きたいと思っているので、「そういうのは求めてないんだよな」という方はそっとブラウザを閉じ、ラ・ラ・ランドを観に行くことをお勧めする。逆にそういう真面目な記事を求めてこのブログに来てくださった方は今回の記事を読む前に、是非先ほど貼った記事を読んでほしい。これから私が紡ぎだす以下の文章を読むに値するかどうか予め判断することができ、無益な時間を過ごすリスクを回避することが出来る。

 

前置きが長くなってしまったが、それでは始めよう。

 

 

 

 

就職活動における鬼門”グループディスカッション”の攻略

 

 

 今回はグループディスカッション(以下GD)の攻略法について考えてみたい。

GDとは何ぞやという方に簡単に説明すると、あるテーマが与えられて時間内にグループで議論し、結論を出すというものである。選考手段として多くの企業で採用されている方法である。

 

GDで評価されているのは以下の5つのポイントだ。

 

・コミュニケーション力

・協調性

・思考力(軽視されがちであるが独創性もここに含まれる)

・リーダーシップ

・積極性

 

 

つまり上記の5つのポイントで上手くアピールできれば、簡単に通過できるということである。それを踏まえた上で実際に脳内シュミレーションしてみよう。

 

 

 

 

まず、服装であるが普通にスーツで行く。

前回の面接の記事において、グレーのTシャツに適当なチノパンで行けとか書いたが、今回はグループディスカッションであり、戦い方は大きく異なる。

絶対にオーソドックスなスーツで臨んでほしい。

 

 

ただその際に必ず、大きめのバックに7,8人分のお揃いのTシャツを用意しておく。

色や柄は何でもいいが、必ず全て同じものにする。

 

それを全員が着席したのを確認したら速やかに配り、着用させる。

 

「これからGDを始めるにあたり、生産性の高い議論をするためには皆の心を一つにする必要があります。All for one, one for allです。皆さんでこれを着ましょう。」

 

 他の参加者に怪訝な顔をされたら、上手く人の心理をついて言いくるめればいい。

既にGDは始まっているのだ。

 

「ちなみにですがこれはドルチェ&ガッバーナの新作Tシャツです。一着五万円もしました。GDが終わったらこれは皆さんに差し上げます。着るなり売るなりして下さい。」

 

悪い気はしない。古着屋で売ればそこそこ高値はつくだろう。ちなみに言い忘れていたが、Tシャツはしまむらで買い、適当な部位にD&Gとマジックで書いておく。

 

 

GDを見守る選考員に止められたら、緻密なロジックでねじ伏せる。

論理的思考力でアピールだ。

 

「”ユニフォーム効果”をご存知でしょうか。人は自分の着ている服に影響され行動する傾向があると言われています。皆で同じTシャツを着ることによって帰属意識を持つことが出来、チームに統一感が生まれるのです。All for one, one for allです。」

 

さっきから気になってたんだけど、One for all, all for oneが正しい順番なんだけどな、、というマイナスポイントを帳消しにするほどのロジカルシンキングだ。恐らく選考員も「僕の分のドルチェもありますか?」となること間違いなしである。

 

 

正直、この時点で先ほど挙げた5点で既にかなりのアピールが出来ている。

ここで「すいません、ミスドのバイトが」と言って帰っても多分合格できるのだが、One for all, all for oneをしきりに唱えていた奴がバイトでいなくなるのは倫理的に問題があるので仕方なく残る。

 

 

 

「テーマは”コンビニの売上を増やすには?”です。制限時間は15分です。それでは始めてください。」

 

 

GDのテーマにはこういった抽象的なものが多い。なので、このテーマの定義をしっかりと全員で確認しておく必要がある。ここでも遺憾なくリーダーシップを発揮し、他の参加者に発言を促す。

 

「まず、どのような場所にあるどんなコンビニなのかということを皆で共通認識として持っておきたいのですが、皆さんはどういうものを想像しましたか?」

 

「ぼ、ぼくは都内にあるファミリマートを・・・」「私は田舎出身なので田舎の小さいコンビニを・・・」「私はオフィスビルの中にあるローソンを・・・」

 

 

彼ら彼女らは思い思いにそれぞれが想像するコンビニを口にする。

決してそれらの回答をバカにしてはいけない。周りの人間の発言に聞く耳を持ち、理解しようとするという姿勢をみせる。

 

 

「ぼ、ぼくは都内にあるファミ」

「ふんふんふんんふんふんふん、わかるわかるわかる~~~~~~~」

 

「私は田舎出身なので田舎の小さ・・・」

「わかるわかる~~ふんふんふんんふんふんふん、わかるわかるわかる~~~~~~」

 

「私はオフィスビルの中にある・・・」

「わかるわかる気持ち~~ふんふんふん、わかるわかるわかる~~~天才~~~」

 

 

耳を澄まして相手の発言を一言一句漏らさず聞き、発言に合わせた適切な相槌を打ちながら頭をブンブン振る。 他を寄せ付けない相槌で存分にコミュニケーション力をアピールするのだ。

 

 

 そしてさらに畳みかける。

 

 

「皆さんの言うこととてもよく分かります。しかし、今回ばかりは私の家の近くにあるデイリーヤマザキにしましょう。日頃から頻繁に利用しているので私には課題点や改善点が手に取るように分かります。皆さんいかがでしょうか。」

 

 

既にあなたの雰囲気、圧倒的能力に気圧されているので他の参加者は黙って頷くに違いない。そこで、あなたは皆の見解の一致がとれましたとばかりに、満足そうな顔でこう言う。

 

 

「とてもいい雰囲気です。次第にAll for one, one for allが浸透してきましたね、いい傾向です。Tシャツを持ってきた甲斐がありました。私は今からトイレに行ってきますが、戻ってきたころには皆さんがどのような進化を遂げているのか非常に楽しみです。あっと驚くようなアイデアお待ちしています。」

 

 

選考員の制止を振り切り、トイレに向かう。一流のビジネスマンは休憩を取るタイミングも一流なのだ。 また、自分がいなくなることで下の者たちにチャンスをあげることもチームをボトムアップする上で重要だ。「今日はあまりにも出来すぎている、自分が怖い」とお尻をふきながら呟く。

 

 

 

恐らくトイレから戻ると都内のファミリーマートの設定で綺麗に結論がまとめられていて、あなたの席は綺麗になくなっています。

 

うどんを食べた後に、目黒寄生虫館に行かない方がいい。

f:id:poltadayo:20170226124028p:plain

 

先日、目黒にある寄生虫館に行ってきた。

寄生虫を専門に扱った世界唯一の博物館で、入館料はなんと無料である。

 

館内には数々の寄生虫の標本が並べられていて、その生態や宿主に与える影響の説明がされている。フロアは一階と二階があり、メインとなる二階では人間に寄生する寄生虫を扱っている。

 

二階は特に自らに関係があるゾーンなので震える展示が多い。ちゃんと加熱殺菌をしないとこんな寄生虫に寄生されるよ!!という内容の恐ろしい展示や、マス寿司を食べたら運悪くサナダムシに寄生されてしまった男の腸から出てきたサナダムシの標本があった。標本のサナダムシは8.8メートルもの長さにも及び、横には「体験してみよう!!」という誰得なコーナーがあって、そこには8.8メートルのひもがぶらさがっていた。

 

果たして、腸の中に8.8メートルという巨大な生物がいて気づかないものなのだろうか。その男性はトイレでいつものように用を足した瞬間に、穴から「やっほー」とサナダさんの一部が出てきて初めて「うおっ、寄生されとる」と気づいたらしい。悪夢だ。トラウマで二度とマス寿司は食えない。

 

サナダムシもいい感じの体長に留めておけばバレずにすんだかもしれないのに、8.8メートルまでにもなってしまってバカである。

 

はなまるうどんのヘビーユーザーとしては、二度とうどんを食べられなくなる危険性をはらむゾーンであったのであまり直視はできなかったが、貴重な展示物なのでそば派の人間はじっくりとそのサナダムシを堪能して欲しいと思う。

 

 

また、他にも衝撃を覚えたのが名前は忘れてしまったが、寄生されると男のゴールデンボールが地面につくほどに巨大化してしまう寄生虫の展示である。なんかもう、自分は寄生されてないのに股間がアイタタタタタとなる。男性は多分みんなそうなる。

 

生まれてこの方、自分のゴールデンボールが地面につくほどに巨大化した状況を想像したことがあるかどうか男性諸君に小一時間ほど問いかけたい。もし自分のゴールデンボールがそこまでになってしまったら、衣服を身に付けることもできないし、歩くたびに地面に接触するので腕に自分のゴールデンを抱えて日常生活を送ることになる。腕に自らのゴールデンを抱えた男がまともな人生を送れるわけがない。間違いなく黄金を抱いて翔べない人生を送る。

 

普段サイズについて意識しない人が大半であるだろうし、ゴールデンボールがジャストなサイズで良かったと生まれて初めて思える貴重な展示なので是非とも男性には見て欲しいと思う。コイツにだけは絶対に寄生されたくない。

 

 

最後になるが、館内には意外にも女性客が多いことに驚いた。彼女たちは真剣なまなざしでホルマリン漬けの、なかなかにグロい寄生虫の標本を見つめ、楽しそうに笑い、そして館内で特別販売されている寄生虫グッズを買っていった。どちらかというと私は寄生虫の生態よりも、彼女たちの生態の方が気になった。よっぽど寄生虫が好きなのだろうか。寄生虫が好きな女性がタイプの人は是非目黒寄生虫館にナンパをしにいくことを勧める。

 

「すいません、お姉さんはうどん派ですか?そば派ですか?それともサナダムシ派ですか?」というハイレベルな寄生虫ギャクを飛ばせば「あら、お洒落な問いかけですね、一緒に展示でも見て回りませんか」となる。金玉ゾーンで「あの西郷隆盛も寄生されたせいでかなりデカかったらしいですよ」と博識をアピールしつつ、「寄生はされていませんが僕もなかなかに大きいです」と耳元で囁く。最後にサナダムシの展示を見ながら、今度一緒にマス寿司食べに行きましょうというデートの約束を取り付ければもう春はすぐそこです。